全てSになる〜RxJavaとLWSを持ち込む楽しさ〜

■ 対象者

初級〜中級者向け

■ 内容

Android 7.0 SDKからStreamやOptionalなど、Java 8で導入されたAPIが一部使えるようになりました。ただし、これは応募時点(2016/10/01)ではJackコンパイラを使う場合に限られていて、実践導入はまだ先になりそうです。そこで、以前から話題となっているRxJavaや、Stream/OptionalのバックポートライブラリであるLightweight Stream APIを活用して、来たるJack時代のAndroidアプリ開発について先取りできるお話をしたいと思います。

記事の更新情報を受け取る

プリミティブなAndroid SDKのAPIを使う場合と比較してどのようなメリットがあるのか、デメリットは何があるのかといった話や、RxJava/Lightweight Stream APIを実践導入して得られた知見を皆様に共有できればと思います。

特にLightweight Stream APIに関しては単なるバックポートではなく、独自の機能も持っていて、Android開発において特にFragmentを使うときにちょっと便利なユーティリティとして機能します。Android開発においてはメリットがあるライブラリだと思いますので、この知見については一番共有できればと思っています。

関連ニュース DroidKaigi2017 Room4

General link arrow white
`

ryugoo